バレたくないものがあるなら生前整理をしておこう

作業員

有意義な老後生活を

生前整理は、元気なうちに身の回りの不用品を処分し、これからの老後生活を有意義に送るための大切な終活といえます。また、自分の死後、残された家族に対して遺品整理にかかる負担を減らす事ができるので、最近生前整理をする人が増えてきています。

終活の一環として

終活の一環として高齢者の間では生前整理をする人が増えています。生前整理とは人生の終わりを見据えて身の回りの整理をすることです。生前整理には根気と時間を要しますが、少しずつでもいいので気長に取り組んでいくようにしましょう。

終活としての身辺整理

生前整理の第一歩は身の回りの不用品を思い切って処分することです。その後に自分の所有している財産の目録を作成することになります。財産の種類や保管場所が明確にしてあれば、相続が発生した際に遺産トラブルが起こることを防ぐことができるからです。

依頼してスムーズに進める

作業員

寿命が延びたことによって、自分らしい最期にしたいと望む人が増えています。それに伴って、自分が生きているうちに身の回りの品や心の準備を行っておくという生前整理をする人も増えています。特に、葬儀の仕方についてはさまざまなスタイルがあるため、専門業者に発注することをおすすめします。自分ひとりで考えるよりもアイデアがまとまりやすく、思いがけない演出方法を提案してもらえることもあるからです。また、実際に実行する場合には、業者に依頼した方がスムーズに行うことができます。例えば、生前葬の場合、会場を探したり、食事の用意をしたり、献花を飾ったりなどの準備が必要になります。それらをひとりで行うとなると大変です。各種手続きや手配を業者にお願いできることは、非常に助かります。また、生前整理には、所有物の整理も含まれます。写真や思い出の品、食器類などの仕分けを生前に行います。長く同じ家に住んでいる人や、家族が多い人、人付き合いの多い人などは、物が多い傾向にあります。少しずつ整理すれば良いのですが、整理している最中に、これまでの思い出に浸ってしまったり、もったいないと思ってしまったりして、なかなか思うようには進まないものです。しかし、業者の方に依頼することで、客観的な視点から所有物を見ることができるようになるため、生前整理をスムーズに進めることができるようになります。そのため、生前整理に費やす時間を短くでき、自分の好きなことをする時間に充てることができます。