バレたくないものがあるなら生前整理をしておこう

トラック

有意義な老後生活を

ダンボール

身の回りの物を整理する

近頃、終活をする人が増えています。「終活」とは、人生の終わりに向けて前向きに準備することとして、最近流行語としてよく耳にします。終活のひとつに、生前整理というものがあります。遺品整理とは違い、自分の生きているうちに身の回りの物や財産を整理しておくことです。現代社会において、家族と別々に住んでいたり、お年寄りの一人暮らしが多かったり、また、家族が遠方に住んでいたりということは珍しくありません。遺品整理では、残された家族は大量の物と向き合わなければならず、多大な手間と時間が必要であり、大きな負担となってしまいます。また、遺品整理は相続トラブルのもとにもなり得ます。生前整理は残された家族への思いやりの活動といえます。また、生前整理は自分の人生を振り返り、これからの人生をよりよく生きるための活動としても注目されています。人は誰しも、年を取ってくると体力が低下し、力仕事をするにも思うように体が動かなかったりします。体力のある元気なうちに、不用品を処分し、今の自分に必要なものだけに囲まれた暮らしは、きっと有意義なものになるでしょう。大きな家具の処分など、自分の力では思うようにできない人は、業者に依頼することもできます。不用品を処分するだけでなく、買い取りもしてくれるので、すべてを廃棄処分するには忍びないという方にはおすすめです。快適な老後生活のため、自分の死後残された家族のため、元気なうち生前整理を行ってみてはいかがでしょうか。