バレたくないものがあるなら生前整理をしておこう

トラック

終活としての身辺整理

部屋

身辺整理の流れ

生前整理をする目的は高齢者の方がまだ健康で判断力があるうちに、身の回りの不用品を処分することにあります。そうすることで自分が死亡した後に遺族が遺品整理をせずに済むというメリットがあります。遺族にとって遺品整理というものは非常に気が重く、労力的にも時間的にも大変な負担となってしまうからです。特に家族とは遠く離れた場所に暮らしている高齢者が亡くなった場合、遺族は遺品整理をするためにまとまった時間をつくらなくてはなりません。健康なうちに生前整理をすることで自分が死亡した後、遺族に迷惑をかけないようにしておくのが生前整理の目的なのです。生前整理の流れとしての第一歩は家の中にある不要となった品々を思い切って処分することです。たしかに誰しも捨てるには忍びないもののひとつやふたつはあるはずですが、もう使用する予定がないものであれば思い切ってそれらのものを処分していくのです。そうすることで家の中が整理整頓しやすくなりますし、もしものときに遺族に遺品整理の件で迷惑をかけずに済むようになります。次の流れとして自分の所有している財産の目録の作成をしておくようにしましょう。特に金融機関の口座や株式などに関しては家族が知らないまま保有しているケースも少なくはないので、財産の目録を作成しておくことは将来的に相続が発生した際の遺産トラブルを未然に防ぐための有効な手段となります。生前整理をして財産の種類や様々な証書の保管場所を明確にしておくことは、相続が発生した際に非常に重要となってくるからです。